TOP

Academic Programs

体系的、統合的、実践的なカリキュラムのご紹介や、青山ビジネススクールの特色ある科目「体験的学習プロジェクト」等、授業内容を詳しくご紹介します。

TOP PAGEAcademic Programs 〉体験的学習プロジェクト

体験的学習プロジェクト

青山ビジネススクールのMBAプログラムでは、身につけた知識の総まとめの科目として、以下のコースを用意しています。

これらはいずれも海外ビジネススクールや産業界との連携によって開発されたものです。
※学生、教員等、掲載内容は執筆当時のものです。

※タイトルを押すと詳細が表示されます。

マネジメントゲーム

科目紹介

MBAの学生が4ないし5人一組で腕時計を生産・販売するグローバル企業を3年間経営するというものである。ライバル会社は4社あるが、いずれもカーネギー・メロン大学他のMBAコースの学生の会社である。学生たちは社長ないし副社長のポジションを与えられて、向こう3年間の経営を委託された執行役員となる。社内のポジションや組織の決定はすべて学生たちの判断と責任の元に自由に行うことができる。各社とも日本、中国、アメリカ、メキシコ、イギリス、ドイツという6つのマーケットに対して普及品と高級品の二種類の腕時計を現地通貨で販売を行う。同様のライバル会社とあわせて5社で競争し、EVA,ROA,ROS,マーケットシェア、株価等々の数字上の経営指標と取締役会における第三者からの人的評価、さらにはメンバー間の相互評価の総合点で順位と学生個々の成績が決定していく。
2013年度の場合は米国、日本、中国、ウクライナの4 カ国から約100名(計95社)のMBA学生が参加し、4つのグループに5チームずつがランダムに割り当てられている。

詳細はこちら

体験談・報告

瀬川 幸宏さん

IT系企業 マレーシア・オフショアセンタ長

2016年度「マネジメント・ゲーム」活動報告

原 究さん

外資系製薬会社 ブランドマネージャー

全ての体験談を読む

インターネットビジネスプロジェクト

科目紹介

ITとネットが、業務の運用だけでなく、経営戦略の実現に必須の時代になっています。その中で、事業構想とその実現、そしてそれを使った日常的な経営実務の運用についてプロジェクト学習を通年で行います。実施に至るまでのさまざまな関門、実際の展開をする上でのさまざまな考慮点などを、変化するITを使いこなすことを意識しながら、自分の能力として身につけられるようにストーリーセンター方式で学習していきます。ビジネス戦略、ネットマーケティングと顧客獲得、Webデザインと具体的な立ち上げと強化、コスト管理と収益性、プロダクトのアピールと評価など、MBAの総仕上げを意図して進められます。スマホアプリの課題、海外発注と交渉、仕様書、総体的なeプレゼンスの課題なども扱われます。

詳細はこちら

体験談・報告
Ceci Peng

Ceci Pengさん

2013年フルタイムコース入学

乗上 浩二さん

乗上 浩二さん

2013年フレックスコース入学

小谷 恵子さん

小谷 恵子さん

2012年フルタイムコース入学

全ての体験談を読む

ビジネス・プランニング

科目紹介

この科目ではチームを組み、自らが創出したビジネスアイデアをベースに新規事業計画を立案し、近い将来の(社内起業も含めた)ベンチャービジネス起業実現をめざす能力を養成します。講義の内容や進め方からも、自らが強い意志を持ち、自律的に立案を進めていく姿勢が求められます。
講義の中では、前半には、株式上場済み起業家や修了生からの実践的な体験談を踏まえたディスカッションを行い、後半には実社会で活躍中のエンジェルやベンチャーキャピタリストを招き、実務的な評価を受ける機会を多く設けます。

詳細はこちら

体験談・報告

宮崎 雄基さん
松崎 繭香さん
李 晨さん

2015年度フルタイムコース入学

三宅 健介さん

2013年フレックスコース入学

伊藤大輔、浦崎学、平井達矢、新原弘之

伊藤 大輔さん
浦崎 学さん
平井 達矢さん
新原 弘之さん

2013年フレックスコース修了

全ての体験談を読む

ACC(アドバンスト・コーポレートコミュニケーション)

科目紹介

企業(主に上場企業を念頭に置いています)のコーポレートコミュニケーション・オフィサーになるために必要な事項をロールプレーイング方式も取り入れながら会得できるようにすることを目的路しています。具体的には、①企業の広報活動(PR)の理解、②証券アナリストや機関投資家の投資分析方法の理解、③投資家広報(IR)の理解、④企業のCSR活動の理解、⑤企業の財務政策についての理解、⑥長期の企業価値向上策(長期経営計画)やガバナンス体制の理解、⑦企業情報開示(統合報告やアニュアルレポート含む)の理解、⑧ソフトロー下の開示政策の理解、というプロセスを経て最後に総合的なプレゼンテーションをチームのもので行っていきます。

詳細はこちら

体験談・報告

李 セイカさん

2015年フルタイムコース入学

全ての体験談を読む

BA(ビジネス・アナリシス)

科目紹介

アナリストレポートの作成と日本株アクティブ運用の擬似体験を行います。講義を通じて財務分析・企業戦略分析能力の向上を図るとともに企業価値評価の方法を習得することを目標とします。さらにポートフォリオ組成の組成を通じて、銘柄選定方法を学ぶとともに、ポートフォリオ管理のためリスク分析の考え方、パフォーマンスの評価の仕方について学びます。日本株アクティブ運用については大和證券グループの全面的な支援をうけ、実際に運用機関(投資信託、投資顧問)が利用しているポートフォリオ管理のためのソフトウエアPoetを利用します。また毎月の運用成果の報告では、専門家の評価を受けます。

詳細はこちら

体験談・報告
宮川 秀昭さん

宮川 秀昭さん

2014年フレックスコース入学

松浦 瑞樹さん

松浦 瑞樹さん

2016年フレックスコース修了

豊田 剛平さん

豊田 剛平さん

2013年フレックスコース入学

全ての体験談を読む

マーケティング・プランニング・プロジェクト

科目紹介

「マーケティング・プランニング・プロジェクト」は、マーケティング要素(顧客、製品、ブランド、チャネル、コミュニケーション)全般にわたるテーマで、企業の経営課題と消費者ニーズを捉えたマーケティング戦略のプランニングを、産学連携により実際に企業に向けて実施する演習です。

これまでの連携先とプランニングテーマ

  • 2010年度-東京急行電鉄(「SHIBUYA109」)(ファッションビジネスマーケティング)
  • 2011年度-東京ヤクルトスワローズ・埼玉西武ライオンズ・日本トライアスロン連合(順不同)(スポーツマーケティング)
  • 2012年度・2013年度-経済産業省「クールジャパン戦略」「CREATIVE TOKYO構想」及びビームス、パルコ、シブヤ大学、シブヤ経済新聞など(渋谷地区の活性化へ向けたマーケティング戦略)
  • 2014年度-キーコーヒー(コーヒー業界の川上から川下まで、あるいはグローバル視点や新たなライフスタイル視点を踏まえたマーケティング戦略)
  • 2015年度-ティップネス(ビジネスコンセプトの変更に伴うサービス開発とコミュニケーション政策)

詳細はこちら

体験談・報告

吉野 衣里さん

2015年度フレックスコース入学

大平 美沙子さん

2016年フレックスコース修了

2015年度MPP
活動報告



全ての体験談を読む

プロジェクト・レポート

科目紹介

本科目はFull-time MBAの学生を対象に修士論文に相当するレポートの作成を目的とする科目である。レポートの指導は教員2名が共同で行う。レポートの内容は担当教員2名のうちいずれかの教員が所属するトラックに相当する内容とする。レポートは原則3名1組の共同執筆とする。

参考:プロジェクト・レポートのテーマ例

  • 「日系大企業における一般スキル保有者の人材活用について」
  • 「日本企業におけるグローバル人事制度 ― 総合商社と製薬会社の比較分析」
  • 「国内製薬企業リサーチャーのコンピテンシー・モデルの変遷」
  • 「ホテル産業における顧客満足と従業員満足ならびに利益創出の連関性について」
  • 「地域活性化における取り組みプロセスのモデル化とその適用」
  • 「戦略的CSRは持続的競争優位を導くのか?」

詳細はこちら

ファイナンス・アンド・テクノロジー

科目紹介

第4次産業革命といわれる技術革新がコンピュータ技術を中核として進行しており、この技術革新の波は既存の産業構造をも熔解しつつある。金融部門においても金融(Finance)と情報技術(IT)(Technology)を合わせたフィンテック(FinTech)という言葉を新聞で見ない日は無いほどになってきており、既存の金融機関や新規企業が新たな金融サービスを提供すべく覇を競っている。

経営管理者を養成するビジネススクールは、この技術革新と無関係ではありえない。ビジネススクールは技術者を養成する機関ではないが、この技術革新の動向を理解しなければ長期的には経営方針を策定することは困難だろうし、短期的にも日々の企業運営を効率的に行うことは困難になってきている。この科目では、現在進行中の技術革新を理解することができる経営管理者の養成を目指す。

詳細はこちら