TOP

Academic Programs

体系的、統合的、実践的なカリキュラムのご紹介や、青山ビジネススクールの特色ある科目「青山アクション・ラーニング」等、授業内容を詳しくご紹介します。

TOP PAGEAcademic Programs 〉寄附講座

寄附講座

寄附講座とは、民間企業などの外部組織から教育・研究振興のために寄付された資金や人材を活用し、研究教育活動を行うものです。
2017年度は以下の5講座を開講しています。

2017年度寄附講座

ファイナンス会計特別講座(証券投資の基礎)
寄附企業:
公益社団法人
日本証券アナリスト協会

証券投資の基礎理論からその応用・実際にわたり平易に講義する。証券アナリスト資格の取得を目指す人はもちろん、公認会計士などの資格試験志望者、金融機関や事業会社の財務などの分野での活躍を志す人に有用な知識の習得機会を提供する。

金融資本市場概論
寄附企業:
マネックス証券株式会社

日本株式市場を中心に「マーケットとは何か」ということを考察する。最新の学術研究にも触れながら、理論と実践の両面に軸足を置いたバランスの良い分析を通じて、株式市場の合理的な評価・予想を試みる。また、近未来の金融市場がどのような変貌を遂げるかを議論する。

ROEマネジメント
寄附企業:
マネックス証券株式会社

実際のさまざまな企業のROEおよび資本政策を具体例として取り上げ、詳細かつ多角的に分析する。ROEを軸として、株主還元策、資本コスト、コーポレート・ガバナンス、エンゲージメント(投資家との対話)、そして「真の企業価値とは何か」などにつき考察する。

農業マーケティング
寄附企業:
一般社団法人
野菜プラネット協会

日本の農業の現状課題を踏まえ、農業の生産から消費までのバリューチェーンごとに、さまざまな異業種を掛け合わせて新たな農業のあり方を追求する、いわゆる「次世代農業」の考え方を紹介するとともに、そのような連携から新しい農業の可能性や展開方法を検討する。

百貨店マーケティング
寄附企業:
株式会社
松屋

百貨店は、幅広い顧客に向け総合的な品揃え、多様な販売形態を展開する業態特性を持ち、市場環境変化に対応し長い歴史を経てきたが、現時点では将来に向け可能性と構造課題の両面を抱えている。本授業では、百貨店業態の基本構造及び、松屋を具体的な事例を学び、 今後の百貨店の価値の創造、ならびにその伝達・提供のあり方を議論する。