TOP

Academic Programs

体系的、統合的、実践的なカリキュラムのご紹介や、青山ビジネススクールの特色ある科目「青山アクション・ラーニング」等、授業内容を詳しくご紹介します。

TOP PAGEAcademic Programs青山アクション・ラーニング 〉 BA:紹介

BA(ビジネス・アナリシス)

科目紹介

アナリストレポートの作成と日本株アクティブ運用の擬似体験を行います。講義を通じて財務分析・企業戦略分析能力の向上を図るとともに企業価値評価の方法を習得することを目標とします。さらにポートフォリオ組成の組成を通じて、銘柄選定方法を学ぶとともに、ポートフォリオ管理のためリスク分析の考え方、パフォーマンスの評価の仕方について学びます。日本株アクティブ運用については大和證券グループの全面的な支援をうけ、実際に運用機関(投資信託、投資顧問)が利用しているポートフォリオ管理のためのソフトウエアPoetを利用します。また毎月の運用成果の報告では、専門家の評価を受けます。

科目履修の狙い・目的

アクティブラーニングを通じて

  • 財務諸表の理解とそれを踏まえた業績予想の実践
  • ファイナンス理論の理解と実践
  • 経営戦略の知識
  • 企業評価の実際
  • 市場を通じた経済の動きについての理解
  • リスク管理の考え方と実際
  • 統計手法

を習得する。

対象となるビジネスパーソン

金融機関、証券会社にお勤めの学生に限らず、企業のIR担当部署の学生、自身の資産運用に応用したい学生など

科目関連分野(事前に取得すべき科目など)

コーポレートファイナンス、財務諸表論、フィナンシャルレポーティング、証券市場分析、インベストメント、証券投資の基礎、証券投資の理論

履修スケジュール

講義前半ではアドバンスト・コーポレート・コミュニケーションと合同でインベストメントチェーンについての理解を深め、業績評価・株主価値評価の方法を学び、アナリストレポートの作成を行います。平行してポートフォリオマネジメントを行う上での基本的事項、例えば、銘柄選定プロセスとリスク分析の考え方を学びます。それらを踏まえてチームでファンドを組成し、目論見書の発表、運用評価について発表を月1回のペースで行います。

科目履修によって得られるもの(スキル、将来像)

実践的なアクティブラーニングを通じてファイナンス・アカウンティング分野の知識を定着させます。