アウトプットステージにてMBAの実践フル活用!!

日岡 篤史さん( H & Partners代表コンサルタント 2014年フレックスコース修了)

「MBA取得とその後の決意」

私はABSでMBAを取得後に約13年勤務した大手BPO事業会社を2014年末にて退職し、2015年1月に独立した。 ABS入学前に漠然と胸に秘めていた「やりたいこと」、自分のキャリアとMBA「できること」、そして社会のニーズ「やるべきこと」を整理し、色々な条件が重なり大きな不安を抱えながらも「今」というタイミングを逃したくないと決意し、自作の小さなボートでベンチャーという名の大海原へ出航した。

「ABSでの学びが活きている」

アントレプレナーとしての決断が出来たことは大きい。相当に迷い、そして思い切ったのが本音である。
そこを突き抜け自分の人生の投資価値があると決断できた背景には、アントレプレナー・新規事業・ベンチャーというキーワードで履修した科目での学びが根底にあった。そして「体系的総合力」が身に付いている事は大きく、実行する手法500番台のビジネスプランニングを主軸に、基礎科目、300番台の選択科目の学びを総動員している今を、私はアウトプットステージと位置付けている。

「ABSのネットワーク」

これは独立してから再確認できたが、得られた仲間・支え・ネットワークがABSの決定的バリューである。 メンタル面では孤立・孤独を感じたことがないが、事業面でも有名企業やユニークな企業で活躍する同期、卒業後に独立起業された方、在校生OBOG、教職員の方々など、実際にSNS等での情報発信を契機にパートナー提携やお仕事のご紹介などに発展もしている。

ABSは国内初の私学夜間大学院として創立し25周年であり現在アルムナイは2000名規模になる。そして青学ブランドや立地の良さという強みも持っており、これを最大限活用できれば可能性が無限に広がるのではないかと感じている。今後は定期的なアルムナイ交流等のイベント開催や、起業支援ネットワークなどが動いているようで楽しみにしている。

修了後の活躍フィールドや形は卒業生それぞれであるが、振り返りそして現在を再度見つめて思うことは、自分の身を投じて「飛び込み」そして「実践」が最も有効なビジネスの処方箋だということだ。これからのABSの在校生や修了生、そして新たな入学者が、近い将来に繋がり大きな波が起こるような世界観をイメージしながら日々邁進していこうと思う。

【事業紹介】

H & Partners (エイチ・アンド・パートナーズ)
新しいスタイルのBtoBインソース型コンサルティング・サポートを主な事業内容とし、ベンチャーの各ステージの支援、プロジェクト・マネジメント支援、ガバナンス強化やIPOを視野にした内部管理体制の構築運用支援を提供する。2015年2月よりBtoCオンライン課題解決型メンターサービスを新しく立ち上げ展開を開始した。

www.partners-h.com