||| Aoyama Business School・青山学院大学 大学院 国際マネジメント研究科 |||

2018.07.30

マーケティング専門科目「アドバンスト・マーケティング」:アスクル株式会社 取締役 木村美代子氏の授業内講演

青山ビジネススクール(ABS)のマーケティング専門科目「アドバンスト・マーケティング」(担当:黒岩健一郎教授)では、プロダクト・マネジャーやブランド・マネジャーが考えるイシュー、いわゆるマーケティング・マネジメントではなく、経営者およびCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)が考えるべきイシューについて議論しています。

7月10日(火)の授業では、アスクル株式会社 取締役 木村美代子様にABSへお越しいただき、CMOの役割について授業内講演をしていただきました。前半はプラス株式会社で生まれたアスクルの創業からこれまでのプロセスについて、後半はLOHACOによる製品開発についてお話いただきました。特に、後半のアスクルとメーカーの共同製品開発を促進する仕組みは革新的なもので、製販連携の優れた事例でした。開発を担当した田代純令さん、田中裕貴さんからも、それぞれタオル、野菜ジュースの開発についてお話いただきました。

内容はとても整理されていて、かつ語り口も滑らかで、受講者には非常に理解しやすいご講演でした。また、デルモンテと共同で開発した「ハコサラダ」をご提供いただいたので、それを飲みながら、リラックスした雰囲気でお話が聞けました。

顧客の要望に沿ってマーケティングを変革していくという流通業におけるCMOの一つの姿を示していただいたと思います。また、女性の受講者にとっては、よきロールモデルに出会えた貴重な機会になったと思います。受講者の視座を高める、とても有意義な授業となりました。

木村美代子氏のご講演の様子

田代純令さんのご説明の様子

田中裕貴さんのご説明の様子