2014.09.22

第3回青山フィロソフィー・フォーラム開催のご案内

ビジネス・フィロソフィー科目の拡大版勉強会として、高橋研究科長の主宰により「青山フィロソフィー・フォーラム(略してAPF)」を開催しております。

2014年第3回APF(10月18日(土)開催)は、論語と並ぶ中国思想の古典である老子をとりあげます。

勉強会実施後、懇親会を開催いたしますのでこちらもご参加をお待ちしております。
ご興味のあるABS修了生および現役在校生の方は、下記「申込方法・詳細」からお申込みください。

日 時: 2014年10月18日(土) 17:00~19:00
会 場: 青山学院大学青山キャンパス17号館12階H1229教室
懇親会: 同日19:30~22:00(会費:5,000円程度)
※懇親会をキャンセルされる場合は、10月11日(土)までにご連絡ください。
課題図書: 野村茂夫『老子・荘子』角川文庫ソフィア文庫
安岡正篤『老荘のこころ』抜粋(参加者にはPDFをメールいたします)
ディスカッションテーマ: 野村茂夫『老子・荘子』の『老子・荘子』解説および
老子の部分(139ページまで)と安岡正篤『老荘のこころ』抜粋を読んで、次の点について考えてください。
(1)老子の文章のうち、印象に残ったものを1つ挙げてください。
(2)あなたは「孔子」的な生き方と「老子」的な生き方のどちらにあこがれますか。
ファシリテーター: 高橋文郎

申込方法・詳細

下記サイトからお申し込みください。

申し込みはこちら