「地域活性化のマーケティング」の授業受講学生が、徳島県神山町で現地調査・滞在学習

2015年前期のABSマーケティング専門科目「地域活性化のマーケティング」(宮副謙司教授担当)の受講生の有志(MBA在校生8名・OB2名、DBA在校生1名)が、2015年9月4日(金)~6日(日)の間、地方創生の先進事例として脚光を浴びる徳島県神山町に滞在し、地域活性化について学習しました。神山町について授業でケース学習やゲスト講演を受けており、事前知識を持って現地に入り、それぞれの関心テーマごとに深く研究しました。

滞在初日は、神山町で地域活性化に取り組むNPO法人「グリーンバレー」・「里山みらい」や、古民家を改修したサテライトオフィス、宿泊施設「WEEK神山」などを訪問しました。2日目は、「食と農」「地域企業・雇用」といった個別の研究テーマ別にグループに分かれ、自然農法に取り組む農家、自家焙煎業などを起業したファミリー、若者が開いた靴屋など十数か所を視察し、地域の方と交流しました。さらに3日目には、徳島県の大学教授(元・徳島県地域振興総局長)や地域のマスコミに向け研究成果をプレゼンする報告会を行いました。

参加学生と研究テーマ

参加した学生らは、神山町の地域起業家の取り組みの実際や、創造的な風土にも直接触れて、自分の生き方や働き方にも様々な示唆を得たようでした。

この「MBAイン・レジデンス」と銘打ったこの滞在型学習は、ビジネススクールとしては初めての取り組みで、NHK徳島放送局、徳島新聞でもニュースとして取り上げられました。

里山みらい

WEEK神山

地域起業家(豆ちよさん)

地域起業家(Yusan Pizza)

研究報告会1

研究報告会2